女性が結婚相談所で相手を見つけられない理由とは

4596473b8cd8f09532c71f2860a1e100_s

「結婚相談所を利用してもなかなか結婚できない」という女性の声が聞こえてきます。
結婚相談所はコンシェルジュの方が支援してくれて、他の婚活サービスより成婚しやすそうなイメージですが、実際は厳しい部分もあります。
具体的にどんな部分がネックになるのか見ていきましょう。

登録するのが遅すぎる!?

日本結婚相談所連盟(IBJ )によると、女性の登録者で最も多いのが「35歳から39歳」ということがわかりました。

その数は20代と比べて約4倍。
20代ではまだ彼氏がいなかったとしても、結婚相談所までは考えていないというのが現状でしょう。

ただ、こういった現状とは裏腹に、「若い女性がいい」という男性の方が多いです。
20代のみならず、30代や40代の男性でも、「20代の女性と結婚できるならそちらの方が良い」と考えていて、必然的に30代後半の女性の優先度が後になってしまいます。

年収面でも現実とのギャップが!

女性が結婚相手に望む平均年収は、マイナビニュースが報じたADDIXの調査によると、「500万円程度」という回答が最も多くなっていました。

ただ、これは理想の年収で現実的には「平均的な収入があれば良い」という人も多いです。

しかし理想と現実をあまり分けて考えず、「理想の年収でなければ対象外」と考えている女性もいて、そういう方はなかなか出会いに結びつかないという傾向があります。

現実問題、日本の男性の年収は国税庁発表によると、414万円が平均年収(民間企業給与所得者の場合)となっています。

つまり、理想年収の500万円には届いていない人ばかりですから、理想通りにはいかない現実があります。

普段の出会いよりハードルが上がってしまう

結婚相談所は男性女性問わず入会金や月額費などが発生します。
さらに婚活パーティーに参加したり、コンシェルジュの紹介を受けたりすれば費用もかさみます。

こういった負担を生じているので、「それに見合った男性を探したい」という心理も少なからず働いています。
その結果、少しでも自分の希望条件に合っていないと「妥協できない」という心理が働き、結果的になかなか相手が見つけられないという状況に陥ってしまいます。

どうしても人間、負担が大きければ見返りもその分求めてしまうので、その結果正常な判断ができなくなる可能性をはらんでいます。

そういった面でも、婚活サイトや婚活パーティーなど最初は気軽に始められる婚活からスタートした方が負担も少なくお勧めです。

会員登録
  • 初めての方へ
  • スケジュール
  • 会員サービス
  • Livedoorブログ
[FB]