スムーズに恋人を作るには趣味を利用しよう!

327c2d5380f4d3171f3c61f23bdb00b2_s

日本では男女共に恋人がいない人は、「趣味に時間を割きたい」と考えている人が過半数を超えています。
逆に言うと趣味で異性と出会うことがあれば、それをきっかけに恋人関係に発展する可能性もあるわけです。
出会いの場はどんなところにあるのか、検証していきましょう!

恋人がいない人は趣味で忙しい?

厚生労働省が行った「結婚・家族形成に関する調査報告書」によると、男女別で下記のような理由で「恋人を欲しいと思わない」と回答しています。

男性
第1位 自分の趣味に力を入れたい:55.7%
第2位 恋愛が面倒:52.6%
第3位 仕事や勉強に力を入れたい:36.8%

女性
第1位 恋愛が面倒:60.1%
第2位 自分の趣味に力を入れたい:57.0%
第3位 仕事や勉強に力を入れたい:36.1%

ともに上位でランクインしているのが「自分の趣味に力を入れたい」ということ。
恋愛をすることに否定的な考え方を持っているわけではないけど、趣味のほうに今は時間を割きたいという考え方です。

しかし趣味を楽しむ場で異性がいることに対して、拒否しているわけではありません。
むしろお互い好きなことを共有できるわけですから、好意的にとらえる人が多いです。

こう考えると、趣味は恋愛に発展する可能性を多く含んでいます。

恋愛に発展しそうな趣味とは

協同作業出来る趣味のほうが男女共に楽しめる傾向が強いです。
具体的には下記のようなものがあります。

・観光
・料理
・スポーツ(テニス、ボウリングなど)
・スポーツ観戦
・山登り
・音楽(ライブやフェスなど)

上記のように2人で力を合わせて作業したり、一緒に何かを見たり、食事することでお互いの距離が近づいていきます。
最近の婚活サービスでは、上記のようなものを取り入れたケースも増えてきていますからね。

あくまでも、「自分の趣味の延長上として出会いのきっかけがある」という考え方で参加するのがベストです。
出会いに頭でっかちになってしまうと、もし何かトラブルがあった時にその後の趣味が楽しめなくなっちゃいますからね。

こういった趣味の出会いは、「ガチガチに出会いを求めていると相手に思われない」点も良い部分でしょう。
相手との駆け引き云々ではなく、自分が楽しむことに重きを置けば恋愛に消極的な人でも出会いのきっかけが見つかるかもしれません。

以上、趣味をきっかけとした出会いについて紹介しました。
特に社会人になってからは普通に仕事しているだけだと、なかなか出会いが生まれにくいのが現状です。
趣味をきっかけに新たな出会いを探してみてはいかがでしょうか。

会員登録
  • 初めての方へ
  • スケジュール
  • 会員サービス
  • Livedoorブログ
[FB]