婚活で知っておきたいスマートな連絡先交換方法とは

500873aa5f20498f5b2f13a3b96a7f10_s

ここでは、婚活時にスマートに連絡先交換する方法を紹介していきます。
今では連絡できるツールがたくさんあるので、その時の状況に応じてベストなものを選択しましょう。

相手によってはSNSで交換

いきなり携帯の電話番号、LINEID、メールアドレスなどを教えるのはちょっと抵抗があるなというケースもあるでしょう。

そういったときはTwitterやFacebookがおすすめ!

TwitterやFacebookなら自分の人となりを理解してもらうことができますし、もし将来的に縁がなかったとしたら消去やブロックすることも可能です。

携帯番号の場合は相手が消去しない限り、いつまでも個人情報が垂れ流しの状態になってしまいますからね。

特に出会ったばかりで、まだ相手のことがよくわからないというときはこういった対処をしましょう。

連絡先を教える方法

最近はLINEをしている方が多いので、LINEを想定して紹介していきましょう。

大人数が参加している婚活パーティーや立食パーティーなどの場合は、ガヤガヤしている雰囲気もありますから、そういった場面ではLINEを開いて、その場で教えるのも良いでしょう。

LINEの機能にある「ふるふる」を使って端末同士読み込ませるのが効率的。
または自分のLINE IDをQRコードにして、相手に読み込んでもらう方法もあります。

ただ、相手がよく使い方分かっていなかったりすると、手間取ってしまうこともあります。

またいろんな人にLINE IDを教えている場面を見られてしまうと、ややマイナスなイメージが残ってしまいます。
人目がつく可能性がある場合は、LINE IDを事前に用意しておいて、こっそり渡す方がスマートです。

連絡先を教えるタイミング

婚活パーティーが開催された時、運営側が連絡先交換をする時間を設けていれば特に問題ないでしょう。

しかし、参加者各自に任せている場合はタイミングが大切。
他人がいるところで、「連絡先を教えて!」と言い出し、勝手に交換するのはマナー違反な感じがしますね。

婚活では大体の場合、男女1対1になる時間を設けてくれることが多いです。
そのタイミングでこっそりと、連絡先を教えるのがベストでしょう。

あるいは休憩時間などちょっとした空き時間を狙って、相手の方が誰とも話していないようなら、そういったタイミングも見逃さないようにしましょう。

以上、連絡先をスマートに教える方法を紹介しました。
相手に合わせた連絡先、連絡先の教え方、連絡先を教えるタイミングの3つを意識して婚活に臨みましょう。

会員登録
  • 初めての方へ
  • スケジュール
  • 会員サービス
  • Livedoorブログ
[FB]