お見合いや婚活パーティーで興味の無い話を受け流す方法

2fd1dcba43fa35afdd017ca2d41d7f9c_s

お見合いや婚活パーティーなど、初対面の人を相手にする時、自分にとって興味のない話をしてくる相手もいます。
ただ、そういった場面であまりにも無愛想な対応をしてしまうと、印象が悪くなってしまいます。
そこで「興味がないんだけど、印象を悪くしたくない」という時のオススメの受け流し方法を紹介していきます。

適当な相槌を繰り返す

いかにも興味がないという顔をしたり、怪訝そうな顔をするのはNGです。
「退屈な時間だな~」という顔をしてしまうと、相手に失礼ですからね。
聞いているようで聞いていない、というぐらいの対応がちょうど良いです。

「へーそうなんだ~」
「すごいね~」
「楽しそうだね~」
「それはよかったですね」

などと当たり障りない相槌がお勧めです。
そういった相槌なら相手の気を悪くしません。
これぐらいの対応がベストです。

逆に前のめりに詳しく話を聞こうとする必要はありません。
そうすると相手は加勢して、さらに話を進めてきてしまいます。

若干、話の内容をずらす

もし話を聞いていて、「興味がないな」と思ったらその話の断片だけを切り取って、自分が興味のある話題に移しましょう。

例えば、相手が映画好きで、映画の話を中心に進めてきたとします。
しかし自分は映画に興味がない。

そんな時は一通り映画の話を聞いて、下記のように返答してみましょう。

「映画が好きなんですね!
そういった、のめり込めるものがあると生活が充実しますよね。
他にはどういった趣味があるんですか?」

などと、若干話題をそらして質問するのがお勧めです。
これなら相手の気を悪くすることなく、違う話題に移っていきます。

自分の話にすり替えてしまう

もし興味のない話をしてきたら、うまく内容をリンクさせて自分の話にすり替えてしまいましょう。

例えば、相手が野球の話をしてきたとします。
しかし自分は全く興味がないという時、下記のように話してみましょう。

「野球が好きなんですね。
学生時代から野球をしていたんですか?
ちなみに私も運動をやっていて、テニス部に入っていました。
結構県内では強くて有名な学校だったんですよ。
練習も厳しくて大変でした。」

このように自分の話を織り交ぜながら返答していきます。
野球の話から学生時代の話といった形で、うまく流れを損なわず自分の話にすり替えることができます。

急激に話を変えるのも相手の話の腰を折ってしまうので、流れに沿って徐々に話を変化させていくのがおすすめです。

会員登録
  • 初めての方へ
  • スケジュール
  • 会員サービス
  • Livedoorブログ
[FB]