婚活は中心部と地方どちらがよい?メリット・デメリットとは

48cc62abb19a893601ccc39d532bc0bc_s

婚活は、中心地と地方の場合でそれぞれどんなメリット、デメリットがあるのか紹介してきます。
なかなか婚活に参加しても、恋人関係に発展しない方は参考にしてみてください。

中心部で婚活するメリットとは

・多くの人に出会える
・いろいろな職業の人がいる可能性がある

大阪や東京など中心部での婚活のメリットは、やはり多くの人口がいるため、参加者も多くなるということです。
参加者が多くなれば当然、様々な職業の方が参加してきます。
IT関係の仕事やマスコミ関係の仕事など、中心地ならではの仕事に携わっている人が参加してくるかもしれません。

中心部で婚活するデメリットとは

・どこ出身の人か分からない
・身元不詳な部分がある

逆にデメリットとなるのは、地方から大阪や東京に移り住んでいる人も多くいるため、どこ出身の人かわからないというデメリットがあります。
せっかく仲良くなっても、地元が非常に遠いところとなると、なかなか帰省もできず大変になってしまいますね。

互いの両親に挨拶に行くケースもあるでしょうから、できればお互いの地元は近くでいたいという人も多いです。

地方で婚活するメリットとは

・地元出身の人に出会える
・安心感がある

地方ならではの婚活のメリットは、やはり地元出身の人に出会える可能性が高まることです。
同じような環境で育っていると知るだけでも、かなり親近感が湧いてきますね。

その土地土地の人柄や特徴などもありますから、そういったものが一緒ならフィーリングが合う可能性も高まります。
また、地元の人が参加しているとなれば、後ろめたい事を起こす人は少ないでしょう。
婚活パーティーには時折既婚者が来たり、遊び目的で参加しまう人もいます。

地方のほうが、そういったリスクは軽減されると考えられます。

地方で婚活するデメリットとは

・人がやや少なくなる可能性がある
・地元の友達や知り合いが来る可能性がある

デメリットとなるのは、地元の知り合いや友達が来る可能性もあるということです。
「できれば婚活をしていることは、知り合いに知られたくない」という心理の人も多いでしょう。

自分が婚活していると知られると、ちょっと恥ずかしさを持つ人もいますからね。
もしそういったことが心配なら事前に、参加者のプロフィールなどを運営側に伺って、同級生がいないか確認してもらうのも一つの手段です。

あるいは参加条件(年齢や職業など)を見て、知り合いが来る可能性が低そうな婚活に参加するのもおススメです。

会員登録
  • 初めての方へ
  • スケジュール
  • 会員サービス
  • Livedoorブログ
[FB]