キャリアウーマンが意識したい婚活ポイントとは

11b0e6d8ebc736ff084a4eeb2807d93b_s

キャリアウーマンは婚活でやや苦労するケースが多いです。
どうしても選択肢が狭くなり、選べる男性が少ないからです。
ここではキャリアウーマンが婚活で成功を収めるためのポイントを紹介していきます。

希望年収を下げる

働いている女性は知らず知らずのうちに、男性のポテンシャルを測るとき年収が大きな部分を占めている人が多いです。

例えば年収が450万円の女性の場合、「私と同じくらいだとちょっと嫌かな」という人が多いです。
その結果、年収500万円、600万円というのが条件になってきます。

現在、30代男性は平均年収が450万円程度といわれていますから、同世代で年収500万円を超えている人は半分以下しかいないということになってしまいます。

40代男性になれば平均年収が500万円を超えてきますが、20代や30代の男性と付き合いたいと考える場合は、かなり限られた対象者になってしまいます。

少なくとも「自分と同じぐらいの年収ならまだいいかな」という考えに改めた方が良いかもしれません。

上から目線にならないようにする

バリバリのキャリアウーマンの場合、職場でも相手が男性だろうが理路整然と、物事をはっきり話す人が多い傾向があります。

自分の考えがある程度認められて、会社での地位を確立してきたという自負があるはずです。

そういった自分のポテンシャルを必要以上に意識してしまうと、婚活の場でも上から目線で発言してしまうことがあります。

男性はどちらかというと女性に対し、癒しや安らぎを求める傾向があります。
男性を立ててくれるタイプの女性の方が男性は好きなので、剛健タイプはちょっと敬遠されるケースが多いです。

婚活の場では特に謙虚な気持ちを忘れないようにしましょう。

価値感や性格を重視する

会社の規模、会社での役割(役職)、年収などで判断してしまうとどうしても男性の本質を見極めることが難しくなります。
それで対象者を省いてしまうとかなり少なくなってしまいますし、フィーリングが合う人も減ってしまいます。

「必要最低限これだけの年収は確保しておいてほしい」という希望はもちろん持ち続けて良いですが、あまりステータスだけを意識しすぎてしまうのはよくありません。

学生時代のようにもっと本質的に好きになれるかどうかを見極めていった方が良い出会いに結びつきます。

30代男性なら年収450万円程度、40代男性なら年収540万円程度稼げていれば平均並みです。
必要最低限の希望条件に下げることで、もっといろんな男性に出会える機会も増えていくでしょう。

会員登録
  • 初めての方へ
  • スケジュール
  • 会員サービス
  • Livedoorブログ
[FB]