婚活で男性が苦労するのは仕方ない?その要因とは

b22eabb47225dd804da1da1f0e5346ad_s

婚活で男性の体験談として、「なかなかうまくいかない」という声が聞かれます。
それは必ずしもその男性が悪いというわけではなく、どうしても比較の問題が出てきてしまう為です。
男性の婚活事情に迫ります!

婚活している人の割合

総務省の国勢調査で「年齢別未婚率」というものが発表されています。
年齢別にみると下記のような状況です。

男性
30歳から34歳の未婚率:47.1%
35歳から39歳の未婚率:35.0%

女性
30歳から34歳の未婚率:34.6%
35歳から39歳の未婚率:23.9%

同じ年代でも未婚率に差があります。
そして、もともとの人口比率にも違いがあります。

男性
30歳から34歳の人口:356万人
35歳から39歳の人口:392万人

女性
30歳から34歳の人口:343万人
35歳から39歳の人口:382万人

このデータをまとめると、未婚者はおおよそ下記の人数になります。

男性
30歳から34歳の未婚者:167万人
35歳から34歳の未婚者:137万人

女性
30歳から34歳の未婚者:116万人
35歳から34歳の未婚者:87万人

例えば、同じ30代前半でも男性の方が50万人も未婚者が多い状況に。
もちろん未婚者全員が婚活しているわけではありませんが、それだけ婚活している人数にも差があることが予想されます。

男性は「選ばれる立場」

婚活の世界でも残念ながら男性は選ばれる立場です。
より多くの男性が婚活に参加していれば、それだけ女性も男性を比較することになります。

・年収は誰が高いのか
・身長は誰が高いのか
・どんな趣味を持っているのか
・どんなところに住んでいるのか

詳しい人柄は初対面ではなかなかすぐに伝わりませんから、こういったスペックが重要になってしまうのが現状です。
すぐに改善するのが難しい部分もありますが、自分の努力次第で年収、趣味、住んでいるところなどは変えられるはずです。

転職や副業で年収アップ!

例えば、女性が男性のプロフィールを見た時に「年収450万円」となっているのと、「年収500万円」となっているのとでは印象も全然違います。
甲乙つけがたいぐらいの人物だったら、年収で決めることもなくはありません。

つまり自分の今の年収を50万円アップさせるだけで、婚活の手応えが違ってきます。

もし同業他社に転職して年収50万以上が期待できるなら、本格的に検討してみてはいかがでしょうか。
あるいは、愛着のある会社で転職なんてできないということなら、副業にもおすすめ!

月に5万円の稼ぎを得るだけでも年収換算で60万円もアップします。
婚活でなかなかうまくいかないと思っている男性は年収アップ作戦を検討してみましょう。

会員登録
  • 初めての方へ
  • スケジュール
  • 会員サービス
  • Livedoorブログ
[FB]