アラフォー世代が結婚しない理由を聞かれた場合の答え方とは

61d95eefc1872adcbbf6f0c148d74440_s

アラフォー世代が婚活に参加すると、結婚していない理由を聞かれることもあります。
どんな答え方だと相手にネガティブな印象を与えないのか詳しくみていきましょう!

結婚しない理由を聞かれた場合の答え方 ~無難な回答~

「1人でいるのが好きで、結婚に対して真剣に向き合ってこなかった」
「仕事が忙しく、恋愛がおろそかになっていた」
「異性のいない職場ということもあって縁がなかった」
「異性と話すのが苦手で合コンなどを敬遠していた」

もし結婚しない理由を聞かれたら、こういった答えが無難な回答です。
初対面でいきなり聞かれることは少ないですが、数回デートを重ねるとこういった質問もあるので答えを用意しておきましょう。

婚活パーティーなどに参加するということは今までの考えを改めている証拠。
「将来設計をしっかり考え出しているんだな」と感じとってくれるため、マイナス要素にはならないでしょう。

結婚しない理由を聞かれた場合の答え方 ~NGな回答~

「10年付き合っていた彼女がいたんですが、結婚を先延ばしにしてしまって・・・。」
「前の彼氏がなかなか忘れられなくて、何年も新しい恋をしようという気になりませんでした。」
「合コンにはよく行っていたんですが、なかなかお付き合いに発展しなくて・・・。」

上記のような答え方はネガティブ要素満載です。
結婚を先延ばしにしていた人は優柔不断なタイプだと思われます。

前の彼氏や彼女のことを忘れられないタイプは引きずるタイプ。
何かあっても、すぐ前の彼氏や彼女と比較しやすいです。

なかなかお付き合いに発展しない、連絡先交換できないといった経験は自分から伝える必要はないでしょう。
「お付き合いに発展しないということは何か欠陥があるタイプ」と思われてしまいます。

基本的には根掘り葉掘り聞く人はいない

「なぜ結婚しないんですか?」とストレートに聞いてくる人はほとんどいません。
特に年齢がいけばいくほど、そういった質問は失礼にあたると考える人が多いからです。

ただ、連絡先交換をして次第に仲が良くなってきたらこういった質問をされることもあります。
「40歳で独身だと、今までどんな恋愛をしてきたんだろう?」と思う人もいますからね。

基本的には仕事を理由にするのがネガティブな印象も与えませんし、お勧め。
浮気するタイプに思われませんし、むしろポジティブな印象を与えます。
変に過去の恋愛話をするより、無難な回答です。

会員登録
  • 初めての方へ
  • スケジュール
  • 会員サービス
  • Livedoorブログ
[FB]