婚活サービスは併用したほうが恋人が見つかりやすいってホント!?

efc4ecbc181143e83c364c98f1d10d37_s

世の中には様々な婚活サービスがあり、それらを併用している人もいます。
併用することによって出会いの可能性が高まり、恋人ができた人の割合も多くなっています。
果たして併用している人は何割程度いるのでしょうか。

婚活サービスを併用している割合とは

婚活実態調査を行っているリクルートブライダル総研の調査によると、婚活サービスを使っている人の59.3%が併用していることが判明しました。

「どんなサービスを使っているか?」という質問に下記のような回答が寄せられました。

・婚活サイトorアプリ
・恋活サイトorアプリ
・結婚相談所
・婚活パーティー

これらの婚活サービスを利用している人が多く例えば、「婚活サイトで相手を探しつつも時折、婚活パーティーに参加して恋人を探す」というケースがあるようです。

このように併用する人は、

・1つのサービスではなかなか出会いに結びつかない
・ちょっと違ったサービスを利用して自分に合っているか確かめたい
・サービスによって利用している人の傾向や特徴を見極めたい

などと考えている人が多くなっています。

どれぐらいの頻度で利用している?

各婚活サービスの利用頻度が伺ったところ、下記のような回答が得られました。

婚活サイト:週1、2回
恋活サイト:毎日
結婚相談所:月2、3回
婚活パーティー:月1回

サイトの場合は毎日やりとりしたり、あるいは新しい人にメッセージを送るなどのケースがあるので利用頻度が高くなっていました。
逆に実際に足を運んで出会いを求めるサービスは利用頻度が少ないようです。

本音としては、「もうちょっと利用頻度を増やしたいけど、経済的負担を考えてこの程度にとどめている」という側面もありそうです。
料金の高いサービスは利用頻度も少なくなる傾向が出ています。

併用が「あり」と「なし」ではどんな違いが?

併用することで恋人ができる可能性がどのぐらい高まるのか。といった調査も行われています。

併用経験があり、恋人ができた:32.4%
併用経験なし、恋人ができた:24.9%

やはり併用したの方が必然的に出会いの可能性が高まるので、恋人ができる割合もちょっと高いですね。

しかし併用している割には、そこまで割合が増えていないのも事実。
例えば必ずしも結婚相談所などのように高いサービスを利用しなければいけないという事はないでしょう。
経済的余裕があったら併用する、くらいの考え方で良いのではないでしょうか。

会員登録
  • 初めての方へ
  • スケジュール
  • 会員サービス
  • Livedoorブログ
[FB]