婚活は何歳ぐらいから始めればいいの?平均年齢を検証!

7e4836b187e204f8582848056f4ee4c1_s

婚活を始めるのは人それぞれですが、早ければ早いほど成婚率がアップする傾向にあります。
現在、日本の平均初婚年齢は男性が31.1歳、女性が29.4歳となっています。(厚生労働省の平均初婚年齢の推移より)

婚活も、だいたいこの年齢に差し掛かるぐらいの時に真剣に考える人は多いです。

結婚相談所に登録している人の平均年齢

全国には1,365企業の結婚相談所があります。
そこに登録している人の年齢が日本結婚相談所連盟より発表されています。

29歳以下:3,603人
30歳から34歳:9,759人
35歳から39歳:1万3,689人
40歳から44歳:1万2,589人
45歳から49歳:6,941人
50歳から54歳:3,659人
55歳から59歳:1,888人
60歳以上:2,402人

ご覧のように30代後半の利用者が最も多くなっています。
意外にも20代の登録者が非常に少ないことがわかります。
20代でも婚活自体は始めているものの、結婚相談所となると年齢が更に上がる傾向があります。

お見合いパーティーの平均年齢

次にお見合いパーティーに参加している人の平均年齢をみていきましょう。
ここでは定期的にパーティーを開催している某団体の参加者年齢層を基に紹介していきます。

男性の場合
29歳以下:1,241人
30歳から34歳:1,634人
35歳から39歳:595人
40歳以上:132人

女性の場合
29歳以下:1,602人
30歳から34歳:1,339人
35歳から39歳:282人
40歳以上:30人

上記のように結婚相談所より明らかに参加者の年齢が若いことがわかりました。
お見合いパーティーになると、20代が圧倒的に増えますし、逆に40歳以上はほとんどいません。

最も多かったのが男性は、32歳で362人でした。
女性で最も多かったのは、28歳で348人でした。
お見合いパーティーのほうが日本の平均初婚年齢に近い人が参加していることがわかります。

20代からでも早すぎることはない!

結婚相談所やお見合いパーティーの参加者平均年齢を紹介してきました。
20代からでも婚活をしている人が非常に多いことがわかりました。

20代ならお見合いパーティーや街コンなど、社交的な場所で気軽に出会いを求めるスタイルが人気を集めています。
ただ、20代といえども25歳以下の参加者は非常に少ないので、26歳以上になってから婚活を本格的にスタートさせる人が多くなっています。

一方、30代後半や40代は結婚相談所のように、詳細なデータから分析して相手を見極めたいという意向が強くなっています。

以上の結果から、婚活を始めるのは20代後半からが理想的といえそうです。
相手の年齢が若すぎて嫌という人はあまりいないので、早く始める分には全く問題ないでしょう。

会員登録
  • 初めての方へ
  • スケジュール
  • 会員サービス
  • Livedoorブログ
[FB]