恋愛対象に見られない人が知っておきたい3つのポイント

b7c35691f7d7379469b84bbf23708bc4_s

恋愛対象として見てもらえない人は男女ともに共通点があります。
様々な理由があるので、3つのポイントに絞って紹介していきます。

異性としての魅力がない

異性として見られないと恋愛対象になりにくいです。
なぜ異性として見られないのか。

それは恋愛感情を匂わす行動がなかったり、誘う言動がないからです。
例えば、話をして最後に、「今日は◯◯ちゃん(相手の名前)の家に行ってもいい?」と言うだけで、女性はちょっとドキッとします。

「なんで家に来たいと思うんだろ?ひょっとして私のこと狙ってる?」という気持ちになります。
安全な存在と思われると恋愛対象になりにくいので、時にはドキッとさせる言動が必要です。
他にも、

「今好きな人はいるの?」
「自分みたいなタイプはどう思う?」

などと「自分に気があるのかな?」と思わせる質問をすると、相手も異性として意識しだす可能性があります。

あまりネガティブな自分をさらけ出さない

相手に自分のことを知ってもらいたいという考えは良いのですが、さらけ出しすぎるとあまり性的魅力を感じなくなってくることがあります。
例えば、

「私は家に帰っても1人だし、自分のためにご飯を作るのも面倒なので結構外食とかコンビニ弁当が多いかも。」

「休みの日は結構ダラダラして、午前中が終わっちゃったりするかも(笑)」

「2年前までは彼氏がいたんだけど、だんだんと会うのがめんどくさくなっちゃって、自然消滅しちゃった。今はいないです。」

このように私生活や過去の経験でちょっとネガティブな印象に伝わるものは、伝えるのを控えましょう。

自分の事を知ってもらいたいと思っても、何もかも話す必要はありません。
ちょっと興ざめしてしまう可能性もあるので、自分のことを秘密にしておく部分も作っておきましょう。

異性を意識しない容姿

恋愛対象として見られない人の特徴として、「容姿に無頓着」ということが挙げられます。
相手から見てかっこいい、もしくは可愛いと思われる格好が苦手です。

それよりも自分が楽な格好、好きなデザインということを重視してしまうため、異性から見るとあまり良いとは思えないケースがあります。

たとえばエスニックファッション。
好きな人ももちろんいますが、あまり性的魅力を感じるファッションじゃありませんよね。

奇抜なファッションよりも可愛いラブリーなファッションのほうが男性ウケが良いです。
自分目線より異性目線を考慮したファッション選びが大切です。

会員登録
  • 初めての方へ
  • スケジュール
  • 会員サービス
  • Livedoorブログ
[FB]