恋人の呼び方はみんなどうしてるの?

dba56e7a8c5b20ad934418c413a1946b_s

恋人同士でそれぞれ何と呼び合っているのか、呼び方について検証してみました。
何と呼べば良いか迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

恋人の読み方で最も多かったのは

恋人の呼び方についてマイナビウェディングがアンケートを行っています。
そのデータで最も多かったのは、「呼び捨て」。

名前を呼び捨てで呼ばれていると回答した人が33.7%となっています。
3人に1人が呼び捨てというのが現状です。

次に多かったのが、「くん」、「ちゃん」付けでの呼び方。
25.0%と、こちらもなかなか高い数値です。

3番目に多かったのが、「ニックネーム」で18.0%。
親しみがあって呼びやすいということから、こちらも比較的高い数値となりました。

呼び方は最初が難しい

上記のように恋人関係に発展したら、呼び捨てが1番多いことがわかっています。
しかし、まだ数回しか会っていない段階だと呼び捨ては呼びづらいかもしれません。

最初のうちは「さん」、ちょっと慣れてきたら「くん」や「ちゃん」、そして仲が深まってきたら呼び捨てという感じで、ステップアップしていくのも良いですね。

あるいは最初の方でお互いの呼び方を決めてしまうのも良いでしょう。

例えば、「なんて呼んでほしい?」とか「なんて呼ばれているの?」などと質問して、その場で呼び方を決定したほうがのちのち困りません。

人によってどんなふうに呼ばれたいか違う!?

恋人同士では呼び捨てが多いとはいえ、自分たちの関係でもそれが当てはまるのかは、また別で考える必要があります。

例えば女性の中でも「ちゃん」や「さん」をつけると、他人行儀な感じや子供っぽい感じがするから呼び捨てで呼んで欲しいという人もいます。

逆に呼び捨てだと、なんだか上から目線に感じるのでやめて欲しいという人も。
そのあたりは人それぞれ受け止め方が違うので判断が難しいですね。

友達などから呼び捨てで呼ばれている人は呼び捨てに抵抗がありませんが、呼び捨てに慣れていない人もいるので、そのあたりは相手に聞いてみた方が良いでしょう。

また、年齢がどれだけ離れているかなども関係してくるでしょう。
例えば男性が5個も6個も上なら、呼び捨てでも構わないという女性も多くなります。

そのあたりはお互いの関係性などを考慮して、呼び名をつけてみてはいかがでしょう。

以上恋人の呼び方について検証しました。
あくまで一般的なデータですが、これから恋人を作りたいと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

会員登録
  • 初めての方へ
  • スケジュール
  • 会員サービス
  • Livedoorブログ
[FB]