誰でも巻き込まれる可能性がある婚活トラブルとは?

3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s

近年、晩婚化が進み、なかなか結婚できないと悩みを抱えている男女が増えています。
しかし、そういった心の隙を狙って悪質なトラブルに見舞われるケースも増えているのが現状です。
具体的にどんなトラブルがあるのか見ていきましょう!

婚活サービスを提供している運営側とのトラブル

最も多く国民生活センターに相談されるのが、運営側との契約料金や解約料金についてのトラブルです。

・事前に説明を受けていなかった料金が発生している
・事前に聞いていた話とは違うサービス内容になっている
・解約料金が高い
・返金額が少ない
・婚約していないのに成婚料を請求された

といった相談があり、結婚相談所の悪質な利用料詐取が問題になっています。
解約しようと思っても「半年間は継続が必要」、「プロフィールを掲載した場合はすぐに解約できない」などと言いがかりをつけ、料金を請求するケースがあります。

特に登録者が少ないサービスほどそういった悪質な事例が報告されています。
利用する際は解約料金や利用料について、今一度確認しておく必要があります。

相手とのトラブル

運営社とのトラブルだけでなく交際相手、またはイベントに参加していた異性とのトラブルも報告されています。

・仲が良くなったら投資話を持ちかけられた
・交際相手の両親が入院したため、一時的に数十万円貸して欲しいとお願いされた
・既婚者で、遊び目的で利用された

こういった報告もあり、必ずしも相手が見つかったからといって、円満に進むわけではないということがわかります。

初めから交際目的ではなく、お金目的や遊び目的という人も中にはいます。
こういったことは発覚しても事後報告になってしまい、運営側が対応できないことが多いです。

交際してすぐに怪しい話を持ちかけてくる場合は、注意が必要です。

婚活でトラブルを防ぐには

利用するサービスに不審点を徹底確認することが必要です。
例えば、

・利用してどんな場面で料金が発生するのか
・どのような解約だと違約金が発生するのか

など詳しく聞き、明確な答えをくれるサービスを利用しましょう。
特に婚活の中でも、結婚相談所のように月額単位で利用するものは徴収する額も大きいので注意が必要です。

トラブルを事前に防止するなら、婚活パーティーなど、その場限りでの出会いの方がトラブルが少ないです。
そして、婚活パーティーに参加する場合は身分証明書の提示を求めているところにしましょう。
本人確認が行われていないと、参加する人の安全性が確認できませんし、経歴や身分を騙そうとしている人が参加する可能性がありますので注意しましょう。

会員登録
  • 初めての方へ
  • スケジュール
  • 会員サービス
  • Livedoorブログ
[FB]