婚活に妥協は必要?意識したい考え方とは?

63f9f6baeae5c22f071a13dd3070010a_s

「妥協してまで結婚したくない」という未婚の方も多いですね。
確かに自分の生活や価値感を変えてまで結婚したくない、という意見があることも理解できます。
ただ、その考えは必ずしも貫き通す必要はありません。
婚活と妥協について考えてみました。

婚活で「妥協しない」という感覚は悪くない

「20代の女性じゃないと付き合えない」
「フリーターの女性は無理」
「結婚相手の年収が1000万円以上じゃないと嫌だ」
「自営業を手伝っている方とはお付き合いしたくない」
「都内で車を持っている方でないと結婚できない」

結婚相手の要素として色々な条件を掲げている方もいるでしょう。
もちろんそういった条件が全て合う人が見つかって、相手もあなたの事を好きと言ってくれれば理想的ですね。

特に20代中盤ぐらいまでは、そういった考えを持って積極的に婚活することも悪くないでしょう。
10代後半から20代前半にかけては離婚率も高いですからね。
焦って相手を選ぶより自分が納得する相手を見つけた方が良いでしょう。

しかし20代後半、30代、40代となっていく中で、その気持ちを持ち続けるのは必ずしも良いとは言えません。
あなたの条件とは裏腹に「現実」という世界がまっています。

現実的な視野を持てるようになったら転換期

「たくさんの人に申し込んでいるんだけど、なかなか縁がない」
「昔に比べて自分に話しかける人が減ってきた気がする・・・」
「昔はデートぐらいは頻繁にあったけど、最近はデートすらない」

こういった状況になってきたら、残念ながらあなたへの需要が減ってきている可能性が高いです。
周りはあなたに対して魅力を感じていないのかもしれません。

分かりやすいところでは、年齢や容姿。
例えば、「将来子供が欲しい」と考えている男性は、「できれば30歳前後ぐらいまでの女性と付き合いたい」と考える人が多いです。

そのことに対して、女性は怒りや憎しみを覚えても仕方ありません。
これは現実的な男性の考え方として、よくあることです。

あなたに対して興味を持っている人が減ってくれば、当然あなたが条件としていた人に当てはまる人も減ってしまいます。

「いつまでもこんな条件を掲げていたら厳しいかも・・・」と察知した段階で、考え方を切り替える必要があります。

そこで、「せっかく今まで頑張ったんだから条件を変えたくない」と意地になってしまうのが1番危険です。
それこそ条件に合う人がどんどん減っていき、しまいには「結婚は厳しい」という現実がまっています。

結婚は妥協しなければいけないということはありませんが、現実的なあなたへの評価を省みて、そこから考えを柔軟に変えていく必要があります。

会員登録
  • 初めての方へ
  • スケジュール
  • 会員サービス
  • Livedoorブログ
[FB]