「恋人はいらない」という人の悲しい末路とは?

8db460a4e0242e127cdf1f5b1ae856c0_s

恋人がいない人の中には、「あえて恋人を作らない」と宣言している人もいたりしますね。
しかし、今は良いと思っていても将来的にかなり悲しい状況に・・・。
恋人を作らないことによる悲しい末路とは!?

1人が好きでも周りが変わる可能性が!

最初に断っておきますが、何も恋人がいない状況が悪いと言っているわけではありません。
1人が本当に好きなら、そういった人生もありますし、青春を謳歌することもできます。

ただし、1人がいいと言っていて、それがただの強がりの場合、さらに悲しい人生を歩むことになってしまうでしょう。

まず、遊べる友達は確実に減ります。
これはどのような環境に身を置いていても、ほぼ間違いないです。

30代や40代と年齢を重ねるにしたがって、結婚したり、家族を築いていく人の割合も当然増えていきます。

今は友達と飲み歩いている、遊びに行っているという人でも、その友達がだんだんとあなたの誘いを断る可能性も考えられます。

あなたは今の状況で満足でも、周りが変わっていくことも視野に入れなければいけません。

選べる状況から選ばれる状況に

自分と同じような年齢の未婚者が減っていけば、当然対象年齢も広げていかなければいけません。

例えばあなたが35歳の男性なら、25歳から35歳ぐらいの女性とのお付き合いを検討するでしょう。

しかし、30歳から35歳ぐらいの女性の未婚者は20代に比べて少ないです。
そして25歳から30歳ぐらいの女性は35歳のあなたよりもまず、自分の年齢に近い男性をターゲットとするはずです。

そうなると、あなたへの優先度はかなり減ってしまいます。

自分が選ぶどころか、なんとか相手に選んでもらうという状況に変わってきます。
自分と同世代の未婚者が減ると、それだけあなたを対象とした未婚者も減ると考えてください。

子供を作るのも大変

結婚が遅くなっても、あなた自身の人生に大きな影響はないかもしれません。
ただ、年齢が高くなればなるほど、それだけ子供が作りにくくなるというのは事実です。

女性はもちろんのこと、男性も年齢を重ねると妊娠の確率が下がるといわれています。
精子さえ出れば子供ができるというわけではありません。
年齢とともに精子の運動率が下がり、量も減り、精子が老化することが明らかになっています。

また、奇形児などが生まれてしまう可能性も高くなるといわれています。
こういったことも含めて将来的な計画をしっかり立てていきたいですね。

会員登録
  • 初めての方へ
  • スケジュール
  • 会員サービス
  • Livedoorブログ
[FB]