女性は注意!婚活で実際に起こった怖い話とは

8facc8f5daf367778b81cfb1c0490de8_s

最近はいろいろな方法で婚活できるようになっています。
ネットを使った婚活、パーティーを使った婚活、街コンを使った婚活など。

その中でネットを使った婚活は身近な存在になってきています。
しかしそれと同時に注意が必要なケースも!
実際に起こったトラブルについて紹介していきましょう。

ネットは特に注意が必要

最近は婚活サイトや恋活サイト、あるいはマッチングアプリなどが人気を集めています。
特に女性は無料で利用できてしまうので、気軽に始める人も多いでしょう。

そしてその中で、より一段と注目を集めるには写真の載せることが効果的です。
実際に写真を載せた方がメッセージがたくさん届いたり、「いいね!」を付けてもらえることも増えます。

しかしこの写真を載せる行為が、仇となっていることが多いんです。
過去には写真を悪用され、出会い系サイトのサクラ要因として使われたり、風俗系サイトのプロフィール欄に載せられているなんて事例も!

写真はどこの誰が見ているかわかりませんから、掲載は慎重に検討する必要があります。

個人が特定される可能性も

婚活サイトなどに写真を載せていると、その写真をきっかけに最終的に個人を特定されてしまうこともあります。

方法は画像検索機能を使うこと。
SNSなどにアップされている写真と一致することで、個人が断定しやすくなります。
さらには、そこから過去の発言や写真を頼りに個人を特定することも・・・。
1枚の写真からこんなことになるのは、とても怖いですね。

他には婚活で断った男性から逆恨みされて、自分の画像をどこかのサイトに掲載されて、悪口を書かれるといった事も発生しています。

最近はツイッターなどで拡散されて、あっという間に多数の人に情報が知れ渡ってしまう状況。
不特定多数の人に写真が閲覧できる状況にしてしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。

基本的には実際に出会う方法が賢明

婚活サイトやアプリが必ずしも悪いとは言いませんが、個人が特定されるようなアドレス、写真、住所等の記載は絶対に控えましょう。

極端に言えば、自分が住んでいる部屋の様子を写しただけで、どのアパートか特定する人もいるぐらいです。

ネット上での流用を防ぐためには、掲載しないのが1番です。
無料でもリスクがあると、必ずしも良いサービスとは言えませんね。

婚活方法を模索するなら、お見合いや婚活パーティーの方が安全性はかなり高いです。
女性が参加する場合で、2000円や3000円程度で参加できるケースも多いので、検討する価値があるでしょう。

身の安全を意識した上で婚活していきましょう!

会員登録
  • 初めての方へ
  • スケジュール
  • 会員サービス
  • Livedoorブログ
[FB]