女性だけの職場、男性だけの職場は結婚が難しい!?

15ff36bd5d7d73aabf2332a6e7ec593b_s

勤務先に異性がいないという人も珍しくないですね。
女性ならネイルサロンやエステティシャン、男性なら消防士や警察官など。

そういった環境だと職場結婚が難しい印象です。
こういった人はどのように結婚までたどり着いているのでしょうか。

異性がいない職場は結婚が難しい?

同性ばかりが働いている人に現場の様子を聞くと、下記のような意見が多いです。

「実際恋愛を相談できるような同僚は少ない」
「周りの環境によっては恋人を作りにくい」

例えば、同僚と一緒に合コンに行くなんて人の方が少ないです。
年齢が近いならまだしも、年齢がちょっと離れていたり、上司と部下の関係ではまずありえないですね。

そしてちょっとピリついた環境だと、恋人を作ること自体、険悪な雰囲気になってしまうこともあります。

例えば、同僚の誰かが別れたタイミングで「恋人ができた」なんて話をしたら大変!
周りに気を使って恋人を作りづらいケースもあるぐらいです。

女性に比べて男性の方がまだ一緒に飲み会に行ったり、合コンをしたりという人がいるようです。
ただそれでも職場に異性がいない限り、必然的に結婚率の割合も下がってしまいます。

どのような伝手に頼るのか?

同性ばかりの職場で働いている人に多い出逢いの見つけ方は、昔の友人に頼むこと。

高校や大学の友達と話して、「誰かいい人いない?」と紹介してもらって、一緒にご飯に行くことがあります。

ただ、こういったフランクな関係を築けるのもせいぜい20代中盤ぐらいまで。

30代に迫ってくると、すでに恋人がいたり、結婚している人も多いので気軽に彼氏や彼女を紹介してもらうのも難しくなってきます。

そうなると、もはや友達に頼むのは厳しく、あとは自分で探すしかありません。

現実的なのは婚活サービス

昔は婚活することに後ろめたさや恥ずかしさを感じる人がいました。
例えば、「結婚相談所を利用する人は本当に切羽詰った人だけ」という印象でした。

しかし最近は違います。
結婚相談所のような重たいものではなく、気軽に出会える婚活サービスがいくつもあります。

婚活パーティー、婚活イベント、婚活アプリなど。
昔に比べて種類がかなり増え、20代から参加する人も目立ちます。

ただ傾向として20代の方は気軽に利用できる婚活アプリなどが多く、30代前後以降の方はもう少し真剣度が増した婚活パーティーや婚活イベントを重視する傾向があります。

今は数十万円する婚活サービスを利用しなくても、リーズナブルな婚活がいくらでもあります。

会員登録
  • 初めての方へ
  • スケジュール
  • 会員サービス
  • Livedoorブログ
[FB]