恋人が欲しいけど人見知り!最初に何と話しかけるのが良い?

bc541aa9e4cf9c70ec70dd37e10355b3_s

恋人が欲しくても、人見知りの人は第一声に苦しむ人が多いです。

「何を話せば良いか分からない・・・。」

気持ちとは裏腹に言葉が出てこないなんて人も多いのでは?
そこで、人見知りの人でも気軽に話しかけられる会話の糸口を紹介します。

婚活で使える自然な話し掛け方

例えば合コンや婚活パーティー、お見合いなどであれば目的がはっきりしています。

ずばり、恋人を作ること!
同じ目的で集まっているわけですから異性に話しかけるのは失礼なことではないですし、むしろモジモジしている方が悪い印象を与えます。

そんな場面でお勧めの第一声は、下記のような言葉です。

「そのピンクのお洋服かわいいですね!」
「すごい爽やかなファッションで素敵ですね!」
「素敵なスーツですね。似合っていてカッコいいですね!」

まずは見た目を褒めましょう。
褒められて嫌な気はしないですし、話の入り口として非常に自然です。
その後は自分の職業や年齢、名前を言う形で会話をスタートさせましょう。

ついつい言ってしまいがちな話し掛け方

悪気はないのですが、結果的にはあまり聞いてはいけない第一声もあります。

「こういった婚活パーティーにはよく来るんですか?」
「婚活パーティーは何回目ですか?」

上記の話し掛け方はNGです。
「婚活パーティーに何回も参加している」とは言い難いもの。

例えば、相手が「8回目です」などと言った場合、

「そんなにたくさん来ていたんだ。それでも縁がないのね・・・」

と内心思ってしまうでしょう。
初めて婚活パーティーに参加した人が相手だったら良いのですが、複数回参加している人にこういった質問をしてしまうと、悪い印象を与えてしまうので注意が必要です。

質問より自分のことを話す

何を話しかければ良いのか迷ってしまう人は、立て続けに質問してしまう癖があります。
しかし初対面の人にいきなり色々と聞かれるのは、決して良い気はしません。

「自分のことを知ってもらいたい」というスタンスで臨んだほうが、自然と会話が広がっていくことが多いです。

男「私はIT系の仕事をしていて、ホームページとか毎日作っています。」

例えば、このようにどんな仕事を普段しているか話せば、それに反応してさらに掘り下げて質問してくれる可能性が高いです。

女「ホームページってどんなサイトとか作っているんですか?」

男「主にお店のホームページが多いですね。
お店のキャンペーンページとか新商品を取り扱ったページとか作ってます。
たまに公開前に新発売情報も知れちゃったりして、ちょっと得した気分になります。」

このように仕事は話を膨らせられる要素があるので、初対面で使うのにおすすめです。
相手も仕事は興味のある部分ですから、会話の糸口として利用できます。

会員登録
  • 初めての方へ
  • スケジュール
  • 会員サービス
  • Livedoorブログ
[FB]