未婚男女が後悔している恋人選びの条件や婚活方法とは?

86c1914d2776b8b753348447c7c0f40e_s

ある程度年齢がいってしまうと結婚について、諦めの気持ちが出てくる人も多くなってきます。
そういった人が過去を省みて、後悔している恋人選びの条件、婚活方法とはどんなものがあるのか調べてみました。

遊べなくなる

「結婚してしまうと、家庭の時間が増えて遊べなくなる」
「子供が生まれたら育児に時間を費やさなければいけない」

こういった理由を挙げて結婚を先送りにしている男女がいます。
確かに1人だけの時間が減りますから、そういった側面もあるでしょう。
しかし年齢を追うごとに下記のような意見もあります。

「ある程度年齢がいくと、時間の融通が利く友達がいない」
「みんな周りは結婚していて、遊べる友達が減った」

20代や30代前半の頃と比べて、気軽に遊べる友達も減ってしまったのではないでしょうか。
婚活は自分自身だけでなく、周りの環境も変化するという事も頭に入れておかなければいけません。

細かな好みの違い

未婚男女が後悔している意見として多く挙げられたのが、「相手に求める条件を厳しくしすぎてしまった」こと。
その中で好みの違いを挙げる人が多いです。

例えば、

・好きな食べ物の違い
・好きな趣味の違い
・好きな番組の違い
・好きな休日の過ごし方の違い

上記のように何か一つでも自分と合わないと、「この人とはうまくやっていけないな・・・」と解釈し、恋人対象から外していた人もいるのではないでしょうか。
しかし、そういった細かな条件でいちいち恋人候補から外していたら、もはや相手はいなくなってしまいます。

フィーリングが合えば、そういったことはだんだんと受け入れられるようになっていきます。
そもそも好きなものが全く一緒という人を探すほうが難しいです。
相手に求める条件が高くなりすぎて、少しでも合わないとダメだと思ってしまっている人もいるのではないでしょうか。

そういった考えは、のちのち後悔する可能性があるので気をつけましょう。

子供のこと

特に女性からの声が多いですが、「自分自身のことだけ考えすぎていて、将来の子供のことを深く考えていなかった」という意見が聞かれました。

どうしても年齢を重ねるにつれて妊娠率が下がり、流産の可能性も高くなってしまいます。
自然な状態での妊娠は35歳を重ねると減少し、45歳を超えるとかなり困難な状況になっていきます。

「結婚願望はそれほどなかったけど、自分の子供は産みたかった」という意見もあるので、その点はタイムリミットがあることを理解しておきましょう。

結婚は何歳でもできますが、出産はある程度の年齢に差し掛かると厳しくなってくるので、自分の将来をしっかり描いて後悔したくないところですね。

会員登録
  • 初めての方へ
  • スケジュール
  • 会員サービス
  • Livedoorブログ
[FB]