良縁に恵まれない原因とは?自分に当てはまっている!?

39a3f23a68d8e80e79f3275cf77e68a4_s

良縁に恵まれない原因を、自分で分析できていますでしょうか。
原因がわかっていないと、いつまでたっても良い人に巡り会えない可能性があります。
良縁に恵まれない人にありがちな3つのポイントを紹介していきましょう!

神頼みばかりで具体的な行動がない

なかなか彼氏、彼女ができない人は、神にもすがりたいと考え、縁結びの神社などに足を運ぶケースが多いです。
あるいはパワースポットに足を運んで、自分の機運を高めたいと考えている人もいます。

そういった行動はマイナスではありませんが、決してプラスになっているわけでもありません。

縁結びなどは言い伝えによるもので、あくまでも幻想的な話。
シビアな言い方をすると、縁結び神社などで確固たる良縁データがあるわけではないので信憑性はありません。

それよりももっと具体的に出会いの場に足を運んだ方が、よっぽど良縁に恵まれる可能性が出てきます。
婚活パーティーや婚活イベントに足を運ぶ回数を増やしてみてはいかがでしょうか。

ネガティブ思考・相手の粗探しをしてしまう

良縁に恵まれない人は、ネガティブ思考の方が多いです。
出会いのきっかけになりそうな場面でも、「自分に気があるわけがない」、「これは何かの間違い」などと否定的に捉えてしまって、その後の発展がなくなってしまうことがあります。

またちょっと恋に発展しそうな時でも相手の嫌なところばかり目についてしまい、結局消滅してしまったということもあるのではないでしょうか。

そもそもこういった人は、100%相性の良い人を求めすぎです。

結婚している人でも、100%相性が良いわけではありません。
日々喧嘩がたえない夫婦もいるぐらいですから、意見が合わないのはむしろ当たり前と思った方が良いです。

言い訳しがち

良縁に恵まれない人は自分に非があることを認めず、何か言い訳してしまいがちです。

「どうしても仕事が忙しいから出会いの場に足を運べない」
「私の仕事は平日休みだし、日程が合う人なんてなかなかいない」
「残業も多いし、なかなか婚活まで気力が回らない」

こういったことを思って。断念してしまう方もいるのではないでしょうか。
しかし、そういった言い訳をしたからといって現状が変わるわけでもないですし、歳をとっていくだけです。

あなたにとって、もっともっと不利な状況になっていくのは間違いありません。
例えば、残業が頻繁にあったところがパタッと残業ゼロになるわけではありませんから、状況の変化を自然に臨むというのは難しい話です。

もし仕事が理由で婚活できないなら、まずは転職すること。
自分に余裕を持てる状況に、自分から持っていく必要があります。

その上で余った時間を、婚活に使うようにすれば必ず良い出会いが見つかるはずです。

会員登録
  • 初めての方へ
  • スケジュール
  • 会員サービス
  • Livedoorブログ
[FB]