容姿に劣ると婚活は厳しい?その実態に迫る!

46b4aeb7ad59314ac4216d70f1f7e081_s

容姿に劣ると婚活で成果が上げられないのでは、と不安に思っている人もいます。
容姿に劣る男女の違いなど検証していきます。

男女でプライオリティに違いが!

結婚相手の条件を男女それぞれにアンケートを取ると、違った意見が出てきます。

「1番は性格」というのは、男女共通の意見。
しかし、2番目以降に差が出てきます。

・男性は容姿
・女性は経済力

このような考え方の違いが出てきます。
女性は出産や子育てなどを考慮すると、どうしても働けない期間が出てきます。
そういったときに家庭を守るだけの経済力があるかどうか、というのがより重視されます。

一方、男性は女性に経済力はほとんど求めていません。
それよりも自分の好みの女性と結婚したいという願望が強く、性格に次いで、容姿を重視したいという意見が多く聞かれました。

(参考:婚活情報ポータルサイト「マリモリ」のアンケートより)

容姿に劣る男性はチャンスあり?

アンケート結果から考えると、男性は容姿が劣っていても、経済力でアドバンテージがあれば女性からも支持されるということがわかります。

確かに芸能人などを見ても社長と女性芸能人という組み合わせが多いですからね。

女社長と男性芸能人という組み合わせは見たことがないです。
そのことからも経済力が重視されていることがわかります。

男性は経済力(主に年収)を上げることが、婚活の成功率を上げることに直結すると考えてよいでしょう。

容姿に劣る女性は結婚は難しいのか。

可能性としてはもちろん美人の方より下がってしまうかもしれませんが、それでも結婚できる可能性は十分です。
失礼ながら決して容姿が良いとは言えない女性芸能人でも結婚している人が多数いますね。

例えば、森三中の大島さんと村上さん。
お2人は既婚者です。

そして、森三中で唯一独身者は黒沢さん。
この3人を比較すると社交性があるか、ないかが大きな分かれ目といえます。

大島さんと村上さんは比較的分け隔てなくしゃべれるタイプと言われています。
しかし、黒沢さんはあまり社交性がなく、家に閉じこもることも多いとのこと。

必然的に出会いのチャンスが減ってしまうので、恋人が作れる確率も少なくなるというわけです。

他にも女性芸能人の横澤夏子さんが婚活パーティーに何度も参加していた、なんて有名な話ですね。
決して容姿が良いとは言えないものの、結婚に至っています。

このように自分の容姿を悲観しないで外に出たり、チャレンジする人であれば誰でもチャンスがあることが現状として物語っています。

なかなか成就しなくても、チャレンジする精神だけは忘れないようにしましょう。

会員登録
  • 初めての方へ
  • スケジュール
  • 会員サービス
  • Livedoorブログ
[FB]