婚活後のデート頻度はどれくらい?週1回?それとも月1回?

9275ed010cb80fa16838f9e4b7ead303_s

ここでは婚活後のデート頻度について検証していきます。
デート頻度は人それぞれですが、互いの年齢や住んでいる地域などによって異なります。
様々な状況を想定し、適切なデート回数についてみていきましょう!

デート頻度

一般的なデート頻度は「週1回」のデート頻度が最も多くなっています。
次いで「月2、3回」という割合になっています。
20代のほうが若干、デート頻度が多い傾向にあります。

ここで互いの考え方が違うと意思疎通がうまくできないので、出会った段階で「デートは月2、3回にしてほしい」、などあらかじめ希望を伝えておいた方が良いです。

最初は週1回で会っていたのに数ヶ月経ってから、「デートは月に2、3回程度にしてほしい」と切り替えると、「この人は自分といてもあまり楽しくないのかな・・・」と思ってしまいます。

デート以外に家族と過ごしたり、友達と過ごしたい時もあるでしょう。
そういうときにあらかじめ、「この日は家族と会うのでごめんなさい」などと伝えられる関係になっていれば、わだかまりも生まれないはずです。

互いのスケジュールによっては、「デートしない時期があっても良い」、とお互いの共通認識を持っておくことが大切です。

遠距離や仕事が忙しい場合

遠距離や仕事が忙しい人は、「月1、2回」というケースが最も多くなっています。
遠距離といっても近県であればまだ比較的会いやすいですが、例えば東京と大阪となってしまうと「月1回程度」という人も多いです。

また仕事休みのタイミングが合わない人も「月1、2回程度」というケースが多くなっています。
ただ、休みが合わなくても月1回ぐらいは相手のために休みを取ってあげて合わせる努力も必要です。

遠距離や仕事の都合で会いにくい人は、最終的にどちらかが判断を迫られることになります。
仕事を辞めたり、引っ越したりなど。

今の状況を長く続けていても、最終的に結婚というところまでたどり着くのが難しいので、近い将来一緒に生活する目処が立つかどうか、真剣に考えておく必要があります。

婚活では相手の考え方を聞いておこう

どのぐらいの頻度で会うか、デートに対してどのぐらい重きを置いているかは初期の段階で確認しあうことが必要です。

例えば、婚活で下記のような質問をすると、デート頻度が想像しやすくなります。

「趣味はなんですか?」
「お休みの日はどうされていますか?」

答えによっては趣味に時間を割いたり、友達とご飯を食べに行きたいと考えている人もいるはずです。

付き合い始めて、「空いている時間全てを相手に注がなければいけない」と思うと、だんだんと息苦しくなってきます。
また、特に予定が入っていなくても疲れが残っていたり、生理などで体調が優れないということもあるでしょう。

付き合い始めは相手の雰囲気や見た目だけで判断しがちですが、こういった考え方も大事なので確認しておきましょう。

会員登録
  • 初めての方へ
  • スケジュール
  • 会員サービス
  • Amebaブログ
  • Livedoorブログ
[FB]